子供達の様子は随時このブログより配信します。

企画代表者 谷沢健一による
KAKEHASHI Project 野球少年少女国際交流
〜日程提案型公募派遣事業(中高生)〜
実施体制 政府:外務省
拠出先団体:日米教育委員会
実施団体:独立行政法人 国際交流基金
協力団体:米国ローラシアン協会
企画・代表:谷沢健一(元中日ドラゴンズ、野球解説者)
日程:2014年7月21日〜8月3日
滞在先:ニューヨーク→サンディエゴ→ロスアンジェルス
shiori.gif
<< ブルックリン区長HPへ掲載 : main : 最後の食事会 >>
aeon500×100.gif
谷沢健一のサンディエゴ総括

サンディエゴはホストファミリーが迎えてくれました。

子供たちにとっては初めてのホームスティです。不安を抱えながらも皆勇気を持って米国の家庭に飛び込んで行きました。


京セラ訪問は、マイク河村氏の創業当時のご苦労やご自身の原爆体験等
私たちの心に響くお話でした。
また、京セラ創業者・稲盛さんの
の自他・利他の精神が日米の絆を深めている事に感銘しました。



NATIONAL UNIV,での学生達との交流・プレゼンテーションは、岩手チームの「さんさ踊り」等、日本の伝統と強靭な粘り強さをアピール出来たと思います。

USDのBBサマースクールも見学しました。USD・RICH HILLヘッドコーチの指導プログラムに接し今後の方向性を学ぶチャンスを貰ったと子供たちは感じた事と思われます。



パドレス・ペトコパークの見学も親切な球団職員のエスコートで有意義な時間を過ごす事が出来ました。

2泊3日の短いサンディエゴ滞在でしたが、ホストファミリーの皆さんが涙を浮かべるほど別れ難いシーンの光景に引率者及びスタッフの皆さんも感動しておりました。

試合観戦中には、オーロラビジョンで子供達の紹介もあり、心からパドレス球団の御好意に感謝申し上げます。
ロスへの移動もあり球場を早めに後にしましたが、再び訪れたい町でもありました。




- : comments(0) : - : yazawa41 :
コメント
コメントする